FXについて疑問に思ったこと

初心者こそ知っておきたいテクニカル指標

sdfsdfos88 FXには必須のテクニカル分析

相場を様々な手法を用いて分析し、そしてこの先の相場の動きを予想するのが、テクニカル分析です。その予想に基いて、売買を行なうのです。このテクニカル分析は、FXには欠かせないものと言えるでしょう。逆に、テクニカル分析がなしで、FX取引を行なうことを考えてみましょう。それは勘だけで取引することになります。何の根拠もなく、勘だけで取引をしていては、利益を得ることができないのは、誰でも想像できるでしょう。しかしテクニカル指標には、目的に応じて種類がたくさんあり、その見方も、とてもむずかしい物もいくつもあります。そして誰にでも分かる、100%正確だというテクニカル指標や分析は存在しません。つまり自分に適したテクニカル指標を見つけ、それについて学んだほうが役に立つと言えるでしょう。

おすすめサイト: 「FX市場.com」

テクニカル指標で分かること

テクニカル分析を行なうことで、その銘柄のトレンドが分かり、それによって、トレンドの転換点も分かります。つまり売買のタイミングを予想することができるのです。テクニカル分析を利用していないトレーダーは、まずいません。100%予想通りににはなりませんが、トレンドをつかむには、確かに有効な武器となります。オプテックという業者では、学習キットが用意してあり、分析等に関しても情報を提供しています。オプテックのキャンペーンも魅力的です!

ボリンジャーバンドで見てみる

例としてボリンジャーバンドというテクニカル指標を使ってみましょう。このチャートでは、バンドが拡大しているときは、強いトレンドが発生していると判断します。つまり価格は上昇を続けます。この時には、逆張りするのはリスクが高くなります。逆に、バンドが一定の幅になっているときは、ボックス相場と判断できるので、バンドの上限と下限付近を狙って逆張りするのが有効だと判断します。そしてバンドの幅が狭くなっているときは、その後に急激な変動を起こす可能性が高いので注意が必要です。海外FXのまとめとして最後に申し上げますが、テクニカル分析や指標の使い方を身につけ、自分に合ったスタイルを確立した後、一番重要となってくるのはリスク管理です。リスク管理が出来ていないと勝利の道は開けないでしょう。

ForeignExchange

FXとはForeignExchangeの略で外貨為替と言う意味です。簡単に言いますと、通貨を交換する投資商品です。なぜ交換するだけで利益を上げる事ができるのかといいますと為替レート(交換率)が日々変動しているからなのです。

外国為替の相場は全世界にまたがる金融マーケットで平日であれば、ほとんど24時間取引をする事ができます。また、全世界と規模が大きいので、個人や特定の団体による不正がほとんどなく公平な金融商品の1つなのです。

カテゴリー