FXについて疑問に思ったこと

FXで高レバレッジを利用するのはリスクが大きい?

 実際に用意した資金よりも大きな取引ができるレバレッジという仕組みが、FXの最大の魅力だといっても過言ではないかもしれません。
日本国内の業者でも25倍までのレバッジが可能ですし、海外のFX業者であれば数百倍ものレバレッジが利用できたりするというのは、投資家にとっては夢のような話ですよね。
しかしレバレッジというのはそれだけリスクを高めるわけですから、注意する必要があります。今回は高レバレッジの危険性について考えてみたいと思います。

25倍のレバレッジを利用すれば証拠金10万円でも250万円もの取引が可能になってしまいます。
1ドル110円で米ドルを購入した場合、約22,000ドルの買いポジションが持てます。これが円高になったらどうなるのでしょうか。
もし1ドルが109円になってしまった場合には、約22,000円の損失になってしまいます。108円になってしまえば、約44,000円もの損失です。
実際には10万円しか預けていないわけですから、これがどれほどの損失かはよくわかると思います。強制ロスカットされるほどではないにしろ、決して少なくない損失になってしまうわけです。
もちろん、ここから逆に111円や112円の円安になる可能性も十分にあります。そうなれば利益にはなりますが、途中でかなり危険なリスクが発生していたことに変わりはありません。

今回は10万円の証拠金でしたが、これが100万円なら損失ももっと大きくなる可能性があります。レバレッジも25倍ではなく、さらに高くできる業者もありますが考え物ですね。
本当に稼げているプロのトレーダーの場合、安易に高レバレッジを利用するのではなく、基本的には5倍程度のレバレッジを中心に運用していることが多いようです。
もちろん本当に勝負をするときには高レバレッジを利用する場合もあるでしょうが、高レバレッジを常用するのは危険だというのが当然の認識です。

5倍というと物足りないように思えるかもしれませんが、実際に用意できる金額の5倍も取引できれば十分ではないでしょうか。
もっと大きな取引をしたいというのであれば、レバレッジに頼るのではなく自分自身で資金を用意できるようになった方がいいと思います。
もちろんレバレッジを利用するのが決して悪いというわけではありません。FXの魅力がレバレッジにあるのは否定しようもありませんし、利益を出すためには有効活用することが重要です。
大切なことは日常的な取引と、本当に勝負すべき時を分けて考えることです。レバレッジを自由自在に使いこなすことができるようになれば、一流のトレーダーの仲間入りだと言えるかもしれません。

ForeignExchange

FXとはForeignExchangeの略で外貨為替と言う意味です。簡単に言いますと、通貨を交換する投資商品です。なぜ交換するだけで利益を上げる事ができるのかといいますと為替レート(交換率)が日々変動しているからなのです。

外国為替の相場は全世界にまたがる金融マーケットで平日であれば、ほとんど24時間取引をする事ができます。また、全世界と規模が大きいので、個人や特定の団体による不正がほとんどなく公平な金融商品の1つなのです。

カテゴリー